モンテッソ―リ親子教室

モンテッソ―リ教育はイタリア初の女性医学博士、マリア・モンッテソ―リによって開発された教育法です。

モンテッソ―リは「子どもは自らを成長・発達させる力を持って生まれる。したがって、大人はそのこどもの要求をくみ取り、子どもたちの自発的なサポートをする役割がらい、その役割を果たすべき。」というのが基本的な考え方です。

モンテッソ―リ幼児教室では、幼少期に「一人でできた!」と言う経験を沢山積むことにより「自分で選択し、自分の人生をいきいきと生きていける大人に」がもっと増えたらと言う想いで開講しております。



一般社団法人モンテッソ―リ幼児教室協会 協会理念

子どもの発達をとことん見つめ観察し、子どもの自主性を信じ 見守り 子どもの今を伸ばす



ただいま開講準備中です。